Top

紙のこと、作品のことイギリス&お料理のことをかいていきま
by iloveengland
メモ帳
日本発。
本当はイギリス発希望。

最近は、ハギレアーティスト(紙&布)作家としての私の作品やイベントの記事UPしています。

その他、
ヘルシーなお料理のアーカイブ
キッチングッズ、その他雑貨、イギリス情報、
ヴィンテージクローズ等(1950年スタイルが好み)
などの記事があります。

*レシピについて。
実際にロンドンで作ったお料理はロンドン生活のカテゴリーに入っています。

コメント閉鎖しております。

ご連絡がある方は、tk1017☆
live.jp
までメールください。注意)☆→@にして下さいね。

良かったらクリックしていってください♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村


カテゴリ
全体
私、サリアについて
 個展:茶房 高円寺書林さん
私の食生活〜はじめての方へ
参加イベント予告
イベント後お礼反省はこちら
ひと月分イベント予定一覧
作品が買えるお店について
マクロビ・和風
マクロビ・イギリス風
マクロビ・ヨーロッパ風
マクロビ・アジア風
マクロビ・アメリカ風
マクロビ・インド風
卵、乳製品フリー・スイーツ
料理別 レシピ検索
‥‥パスタ
‥‥スープ
‥‥ごはんもの
‥‥パン類
‥‥ペースト&チャツネ
食材別レシピ検索用
‥‥パクチー(コリアンダー)
woman exciteおいしい紹介
ロンドン生活
‥‥蚤の市&MARKET
‥‥ファッションフェア
‥‥お料理(前菜)
‥‥お料理(サラダ)
‥‥お料理(パスタ)
‥‥お料理(スープ)
‥‥お料理(サイドディッシュ)
‥‥お料理(メインディッシュ)
‥‥お料理(デザート)
‥‥キッチン雑貨&食器
‥‥カフェ&レストラン
‥‥日常生活
‥‥ロンドンのお散歩&Shopping
‥‥お散歩(ロンドン観光)
‥‥イギリス内小旅行
abingdon boys school
東京のお散歩
‥カレーレポート(板橋・池袋)
‥カレー屋さん(上野・御徒町)
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2014年 07月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
お気に入りブログ
じぶん日記
C's blog
天然色ごはん
ニューヨークの遊び方
動物園でお散歩
ろんどんらいふ
ヨコハマな日々
 フランス生活便り
ロンドンおいしい生活
菊田ヴァイオリン工房
ロンドンから(子育て)blog
ジョンソン的ロンドン生活
Strawberry a...
BROWN RICE G...
ライフ IN ロンドン
薬膳のチカラ
あなたの三番目...
旅するセラピスト 開業日記
はんこ創庫。
ハンコ作家ayacoのブログ
daily-sumus
パンケーキママin那須高原
世界たべあるき日記
yoshie,8min....
自然印生活
Blue bird of...
vege dining ...
マクロビギナー
○まめに暮らそう●
エリオットゆかりの美味し...
フォンの野菜メニュー
穀菜日和
私らしく、マクロビオティ...
コラージュな日々
petit paume
Der Liebling...
Photo clip-m...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
こんやのばんごはん
le grenier d...
☆毎日ストウブ☆~eve...
イギリスのLife Ac...
dekitasiko
穀物菜食「S'ri」(シュリ)
おうち時間
** mana's K...
ブルーマウンテンの暮らし
英国から、お菓子とお茶と...
バリ島生活を夢見て・・・...
クラールセゾニエール
アロマでひとやすみ
おいしい*たのしいロンドン生活
Seize the da...
trifolium
-*arisu*- ca...
tunagu
気まま生活 in London
*sheipann cafe*
オトメカフェ**cog
cafeごはん。ときどきおやつ
ロンドンのティータイム
CITRON・・・あれこれ日記
マクロビオティックで美味...
s a c h i ...
honey+Cafe
ごはんの時間 ++気まぐ...
鬼子母神通り みちくさ市
たまに絵日記
malulu cafe*
ロンドンぐるぐる日記
海岸通の快晴
   かこさんの食卓    
cafe de ke*
Paris⇔Tokyoソ...
SABIOの隠れ家
はるひごはん。
犬とご飯と雑貨。
親 愛 な る 雑 貨 ...
倫敦のハムステッド・ヒースから
Ce matin là
カリフォルニア食堂- t...
ゆるベジcafe
毎日がエンターテインメント!
わたなべ食堂
famiのHappy Life
** Plane+ 0f...
ゆるロビ生活
Me on the Pl...
yarım &...
Tokyo smile ...
cutter and p...
Nico ちいさな編み物たち
Day by Day
楽しいキッチン
イギリス*エニッキ
にじいろ日記
最新のトラックバック
予約が取れない当たる占い..
from 気になる占い♪ドットコム
検索
その他のジャンル
最新の記事
iichi-japanさん ..
at 2014-07-01 20:27
再開☆iichi-japan..
at 2013-12-10 13:55
初秋の古本市♪9月15日(日..
at 2013-09-01 23:03
卵、乳製品不使用☆ブルーベリ..
at 2013-08-02 18:54
作品の紹介♪布シールチェコ/..
at 2013-07-05 08:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Alice" Skin
by Animal Skin
<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
まるごとかぼちゃの♪ざくざく全粒粉スコーン
10月31日はハロウィンですね〜。
ハロウィンのかぼちゃのデコレーションを街で見かけるからか、
かぼちゃを料理したくなりました。

かぼちゃを煮てるとなんとなく、
なつかしい気分になるというか、癒されるのです〜。私だけかな?

c0226225_162516.jpg


かぼちゃは皮ごと使い、オーガニックのかぼちゃのタネも入れて、
丸ごと!!かぼちゃが味わえるスコーンを作ってみました♪

1/4カットで売られている日本のかぼちゃはよく買い込んできます。
使い切りやすくて便利ですよね〜。
その1/4カットを使用し、控えめのてん菜糖で煮たかぼちゃペーストを
使用しています。

いつも通り、乳製品、卵不使用のお菓子ですよ〜。

ではレシピです♪

材料    10個程度
A☆かぼちゃペースト
かぼちゃ(1/4切れ:300グラム程度)ワタとタネを取ったあとの分量
水(200ml程度)
てん菜糖(40グラム)
シナモン(大さじ1程度)なくても可能
B☆粉類
強力全粒粉(80〜90グラム)
準強力粉(50グラム)
自然岩塩(小さじ1/4)
ベーキングパウダー(小さじ1)
重曹(大さじ1弱)
かぼちゃのタネ(30グラム)*先にFPで細かく砕いておく。
C☆液体
菜種油(50ml)
豆乳(50ml)
メープルシロップ(30ml)
バニラエクストラクト(少々)
りんご酢(大さじ1)

打ち粉用の全粒粉(10〜30グラム程度)
照り用の豆乳:少々

*FP=フードプロセッサーの略

作り方
1かぼちゃペーストを作ります。
お鍋にかぼちゃと水、てん菜糖、シナモンをいれ、沸騰させたら蓋をし、
弱火で20分程度、かぼちゃがやわらかくなるまで煮る。
途中、水が少なくなって来たら適宜足して下さい。

1の粗熱をとり、ミキサーでピューレ状にする。
今回はこのうち100グラムを使用します。
残りは100グラムずつ小分けにして冷凍し、またお菓子作りに使用して下さいね♪

粉類をフードプロセッサーにいれ撹拌する。
(同時にふるいをかけた状態になります。)ボウルに移しておく。

4別のボウルに液体類と2でできたカボチャペースとをいれ、よく混ぜ合わせる。
フードプロセッサーを使用すると簡単に混ぜられます。

3の粉類に4の液体を少しずつ混ぜていき、ひとつにまとめる。
手からべと付かずに離れる感じになるまで全粒粉を足して行く。

5のタネをめん棒で厚さ2センチくらいに伸ばし、型抜きし、
クッキングシートを敷いた天板にのせて行く。
はけで豆乳を表面に塗ったら、180度に熱したオーブンで
20〜25分程度焼いてできあがりです。

表面がカリっと、中がフワフワのスコーンです。

発酵も不要で、お気軽にパンがつくれちゃいました!っていう食感です。
朝食にもいいかも♪

ふっくら仕上がるのは、重曹とお酢、+熱の化学反応によるものです。
卵が入ってないのに、ふわふわになります!

全粒粉とかぼちゃの種のおかげで香ばしくて、甘さ控えめでもおいしいですよ。
私はこのくらい、粉の味が引き立つ甘みが好きです。

ちなみに粉は、石臼でひいた強力タイプの全粒粉:春よ恋

井村さんの有機小麦粉:準強力粉

を使用しました。

粉の味わいを楽しむお菓子なので、材料、特に小麦粉は拘っています☆

ほんのりオレンジにそまったコロンとしたスコーン。
素朴でかわいいお菓子ができました!

やっぱり紅茶と一緒に頂きたいかな〜〜??♪

ではまたです!

**********************************

ちょっとこれ、試してみたい!作ってみたい!
って思ってくださったら、下のランキングバナー押していただけると感激です☆



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


ツイッター
@SARIA4
です☆時々、つぶやいています。

いつもあたたかいコメントありがとうございます。
何かご感想があれば、コメント残して行ってくださいね。

はじめての方も、お気軽にコメントお待ちしています♪

コメントは承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2011-10-25 19:40 | 卵、乳製品フリー・スイーツ
ハイジリゾット☆かぼちゃ&羊のチーズ 黒パン添え
イギリス!といえば、パイも有名ですね。

私が現地で食べた中でも思い出深いのは、
イギリスで豊富に取れる羊のチーズのパイ。
一緒に野菜が入ってました。たしかかぼちゃ?

思い出して、リゾットにアレンジしてみました。

全然パイじゃないじゃ〜ん(笑)と突っ込みたくなりますね!
パイは層を作るのが難しい〜。

c0226225_23273044.jpg


ハイジのイメージは、羊のチーズから!!メイちゃん、ごめんなさい(汗)

代名詞の黒パンも添えてみました。ライ麦パンです。

最近急に寒くなったので、
白ワインを加えてことこと煮込んだリゾットは体が温まりますね。

今日は、玄米がきれていたので白米で♪日本米です。
煮込みすぎず固めに煮込むのがポイントです♪

ではレシピです。

材料    2人分
オリーブオイル(大さじ2)
にんにく(1片:薄くスライス)
たまねぎ(中1/2個:80グラム)
自然岩塩(小さじ1/2)
白米(1合分:180グラム)
白ワイン(100ml)
水(600ml)
スープの素固形(1個)
生セージの葉(1枚)
自然岩塩(小さじ1/2)
かぼちゃ(1/2個)食べやすくカット
羊のチーズ(30グラム)
トッピングのセージ数枚

*水分を1.5倍にするとスープリゾットになります。

作り方
1かぼちゃは電子レンジで1−2分温め、グリルに移して更に5分程度焼き、
焼き目をつけておく。

お鍋にオリーブオイル、にんにくをいれ、弱火にかける。
にんにくの香りをじっくりオイルに移すように5〜6分熱する。
にんにくスライスが黄金色になった程度でにんにくを取り出す。

2にたまねぎと塩をいれ、弱火〜中火で10分程度炒める。
たまねぎの辛い臭いがとれ、甘い香りになりしんなりしたらOKです。

米を加え、全体的に絡めるようにまんべんなくまぜる。

白ワインを加え、かき混ぜながら一度沸騰させたら、
米がすっかりワインを吸収するまで中火で熱する。

水、スープの素、塩、セージを加え一度沸騰させたら、蓋をし弱火で10分程度、米が固めにゆだったら出来上がり。ときどき木べらで混ぜましょう♪

お皿に盛り、ローストしたかぼちゃを乗せ、
羊のチーズとセージをちぎって散らしてできあがり。
塩と黒こしょう少々で味を調えたら完成です!

羊のチーズが熱々のリゾットの上で
とろ〜〜り溶けたところをすくって食べるのがおいしい〜〜!
セージの香りもアクセントです。
かぼちゃはグリルしたので、甘みが凝縮して甘いんです☆
シンプルな素材のそれぞれが引き立っておいしかったです。

このレシピ。自然岩塩とセージのふたつの食材に、浄化作用があるので、

季節の移り変わりの風邪っぴきにも効いたみたいです!
ちょっと喉が痛く、風邪気味かな?と思ったのに、今は治りましたよ〜。

調理時のポイントです。
たまねぎを炒める時に塩をいれてタマネギの水分を出しながら炒めましょうー。
少ない油且つ、水分をいれなくてもしんなりします。

白ワインは飲みかけの安いもので充分okです。
私は飲めないので味の差がわかりません♪

味付けは控えめに。リゾットには味付けをあまりしていません。
チーズを加えた時に塩気のバランスがとれるので大丈夫です。

調味料は少なめの方が味わいがあります♪

牛乳がアレルギーでだめという方でも羊のチーズなら大丈夫。
という方もいるみたいですね。
ソフトタイプのチーズを選びました。

あーイギリスで本場のチーズをたくさん味わいたいな〜〜♪♪

ではまた☆

************************************

ちょっとこれ、試してみたい!作ってみたい!
って思ってくださったら、下のランキングバナー押していただけると感激です☆



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


ツイッター
@SARIA4
です☆時々、つぶやいています。

いつもあたたかいコメントありがとうございます。
何かご感想があれば、コメント残して行ってくださいね。

はじめての方も、お気軽にコメントお待ちしています♪

コメントは承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2011-10-21 23:29 | マクロビ・イギリス風
アンチョビとトマトのソースパスタルッコラ盛り
私のブログは、ちょっとフツーから外れたレシピが多いように思えるけど?
今回は基本に戻って、トマトソースパスタにしました。

これは、久しぶりに一緒にランチした友人が食べていたメニューから
ヒントを貰いました。

c0226225_0403434.jpg


アンチョビとトマトのソースパスタ
ルッコラがどーんと派手に載っているのがポイント。

ルッコラの苦みが、味のアクセントになって、
飽きずに食べられるんですよねー。

トマト缶とフレッシュトマトの2種類使いです♪

ではレシピです☆

材料    2人分
お好きなパスタ(150グラム)
にんにく(1片)薄くスライス、芯は楊枝でくりぬく
オリーブオリル(大さじ1強)
たまねぎ(中1/2個150グラム)
塩(小さじ1/2)
白ワイン(10ml)
トマト缶(トマトピューレを含めて200グラム)
トマト(中1個:200グラム)ネタをとり、ざく切りにする
アンチョビ(50グラム)

作り方
1パスタを150グラム程度、たっぷりのお湯(分量外)に塩大さじ1(分量外)をいれて、
袋の指定時間茹でる。

厚手の鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ、5分、弱火で熱する。
にんにくがキツネ色にほんのり色づくまで。にんにくスライスは取り出しておく。

2のニンニクオイルに、たまねぎと塩を加え、
15分程弱火〜中火で炒める。

白ワインと残りの材料を鍋にいれ、トマトをマッシャー等でつぶし、
沸騰させたら、蓋をして弱火で20分程煮込む。

ゆで上がったパスタを4のソースに和えたら、
お皿に盛り、ルッコラをのせてできあがりです。

にんにくを炒めるときは焦がさないよう、弱火でじっくり焦らずにんにくに触れず、
ニンニクが色づくのを待ってくださいね。ここが肝心です☆
にんにくを焦がさないように、オイルに香りづけするイメージです。

焦がすと苦みがオイルに移ってしまい。味が損なわれてしまいます。

3の段階で、塩を入れるのはタマネギから水分を引き出すためです。
水分を少なめに、ほぼ素材の旨味でソースを作る秘訣♪です。

本来は生のフレッシュトマトだけを使いたい私ですが、
トマト缶を使用したのは、
一緒に入っているトマトピューレが使いたかったからです。

シンプルだけど、やっぱり王道のトマトソースはおいしいですね!
たまに食べたくなります!
アンチョビも大好きで、マクロビをやってもやめられないものの一つ。

熟しすぎてたトマトは、お店でお安く譲ってもらえるので、
結構お安くすみます。助かる〜。

イタリアンみたいな料理は週に1〜2回で
あとは和の食材、雑穀、豆などでシンプルな食事を心がけています。

食べ過ぎると体が重くって、後悔するのは私なんだから....。

摂取したら、あとは代謝をあげればいいのです♪
マイペース&ポジティブです☆

ってなわけで、明日はハロウィン用のお菓子を作ろうと思います。
成功したら、ブログにUPしますー!

ではまた♪

*******************************

ちょっとこれ、試してみたい!作ってみたい!
って思ってくださったら、下のランキングバナー押していただけると感激です☆



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



ツイッター
@SARIA4
です☆時々、つぶやいています。

いつもあたたかいコメントありがとうございます。
何かご感想があれば、コメント残して行ってくださいね。

はじめての方も、お気軽にコメントお待ちしています♪

コメントは承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2011-10-06 01:04 | マクロビ・ヨーロッパ風
| ページトップ |