Top

紙のこと、作品のことイギリス&お料理のことをかいていきま
by iloveengland
メモ帳
日本発。
本当はイギリス発希望。

最近は、ハギレアーティスト(紙&布)作家としての私の作品やイベントの記事UPしています。

その他、
ヘルシーなお料理のアーカイブ
キッチングッズ、その他雑貨、イギリス情報、
ヴィンテージクローズ等(1950年スタイルが好み)
などの記事があります。

*レシピについて。
実際にロンドンで作ったお料理はロンドン生活のカテゴリーに入っています。

コメント閉鎖しております。

ご連絡がある方は、tk1017☆
live.jp
までメールください。注意)☆→@にして下さいね。

良かったらクリックしていってください♪↓
にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村


カテゴリ
全体
私、サリアについて
 個展:茶房 高円寺書林さん
私の食生活〜はじめての方へ
参加イベント予告
イベント後お礼反省はこちら
ひと月分イベント予定一覧
作品が買えるお店について
マクロビ・和風
マクロビ・イギリス風
マクロビ・ヨーロッパ風
マクロビ・アジア風
マクロビ・アメリカ風
マクロビ・インド風
卵、乳製品フリー・スイーツ
料理別 レシピ検索
‥‥パスタ
‥‥スープ
‥‥ごはんもの
‥‥パン類
‥‥ペースト&チャツネ
食材別レシピ検索用
‥‥パクチー(コリアンダー)
woman exciteおいしい紹介
ロンドン生活
‥‥蚤の市&MARKET
‥‥ファッションフェア
‥‥お料理(前菜)
‥‥お料理(サラダ)
‥‥お料理(パスタ)
‥‥お料理(スープ)
‥‥お料理(サイドディッシュ)
‥‥お料理(メインディッシュ)
‥‥お料理(デザート)
‥‥キッチン雑貨&食器
‥‥カフェ&レストラン
‥‥日常生活
‥‥ロンドンのお散歩&Shopping
‥‥お散歩(ロンドン観光)
‥‥イギリス内小旅行
abingdon boys school
東京のお散歩
‥カレーレポート(板橋・池袋)
‥カレー屋さん(上野・御徒町)
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2014年 07月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
お気に入りブログ
じぶん日記
C's blog
天然色ごはん
ニューヨークの遊び方
動物園でお散歩
ろんどんらいふ
ヨコハマな日々
 フランス生活便り
ロンドンおいしい生活
菊田ヴァイオリン工房
ロンドンから(子育て)blog
ジョンソン的ロンドン生活
Strawberry a...
BROWN RICE G...
ライフ IN ロンドン
薬膳のチカラ
あなたの三番目...
旅するセラピスト 開業日記
はんこ創庫。
ハンコ作家ayacoのブログ
daily-sumus
パンケーキママin那須高原
世界たべあるき日記
yoshie,8min....
自然印生活
Blue bird of...
vege dining ...
マクロビギナー
○まめに暮らそう●
エリオットゆかりの美味し...
フォンの野菜メニュー
穀菜日和
私らしく、マクロビオティ...
コラージュな日々
petit paume
Der Liebling...
Photo clip-m...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
こんやのばんごはん
le grenier d...
☆毎日ストウブ☆~eve...
イギリスのLife Ac...
dekitasiko
穀物菜食「S'ri」(シュリ)
おうち時間
** mana's K...
ブルーマウンテンの暮らし
英国から、お菓子とお茶と...
バリ島生活を夢見て・・・...
クラールセゾニエール
アロマでひとやすみ
おいしい*たのしいロンドン生活
Seize the da...
trifolium
-*arisu*- ca...
tunagu
気まま生活 in London
*sheipann cafe*
オトメカフェ**cog
cafeごはん。ときどきおやつ
ロンドンのティータイム
CITRON・・・あれこれ日記
マクロビオティックで美味...
s a c h i ...
honey+Cafe
ごはんの時間 ++気まぐ...
鬼子母神通り みちくさ市
たまに絵日記
malulu cafe*
ロンドンぐるぐる日記
海岸通の快晴
   かこさんの食卓    
cafe de ke*
Paris⇔Tokyoソ...
SABIOの隠れ家
はるひごはん。
犬とご飯と雑貨。
親 愛 な る 雑 貨 ...
倫敦のハムステッド・ヒースから
Ce matin là
カリフォルニア食堂- t...
ゆるベジcafe
毎日がエンターテインメント!
わたなべ食堂
famiのHappy Life
** Plane+ 0f...
ゆるロビ生活
Me on the Pl...
yarım &...
Tokyo smile ...
cutter and p...
Nico ちいさな編み物たち
Day by Day
楽しいキッチン
イギリス*エニッキ
にじいろ日記
最新のトラックバック
予約が取れない当たる占い..
from 気になる占い♪ドットコム
検索
人気ジャンル
最新の記事
iichi-japanさん ..
at 2014-07-01 20:27
再開☆iichi-japan..
at 2013-12-10 13:55
初秋の古本市♪9月15日(日..
at 2013-09-01 23:03
卵、乳製品不使用☆ブルーベリ..
at 2013-08-02 18:54
作品の紹介♪布シールチェコ/..
at 2013-07-05 08:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Alice" Skin
by Animal Skin
<   2010年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
銀座三越deバラ色のプラリネ入りブリオッシュ☆プラリュリーヌ
今日は、

久しぶりにデパ地下で買って来たお菓子をご紹介します。

銀座三越の
フランソワ プラリュ
で買って来た

その名も「プラリュリーヌ」☆

生地にバラ色のプラリネをたっぷり練り込んだブリオッシュ。

まずその外見に一目惚れしてしまいました♪このスイーツ。

c0226225_23243496.jpg


フランスから日本初上陸
ショコラティエ、フランソワプラリュ
というお店の商品です。

バターたっぷり練り込んであるブリオッシュは濃厚〜☆
黄色い生地とピンクのプラリネのカラーコンビが乙女♪

彼は、カカオ豆選びから、チョコレート作りまで自分でこなすこだわりよう!
こんな職人的なショコラティエはフランスでも3人しかいないんですって。

職人☆って響きが好きな私。
なにか、まっすぐに!こだわっている人が好きなんです。

でも、このブリオッリュはチョコレート使ってないですねどね(汗)
でもこのお店の看板メニューだそうです!

フランソワプラリュのお店は、
以前ご紹介した、銀座三越の地下2階Desert theの一画に有ります。

その隣のSORAというお店も、すぐ売り切れになってしまうくらい
評判らしい。彼のお店はカリフォルニアのお菓子です。

この一画は、海外の新進のスイーツ屋さんが目玉なんですね〜。きっと。

普段は、マクロビ生活ですが、体調がすぐれているときは、
バターたっぷり砂糖たっぷりとか食べる事も有ります。

おいしそうな誘惑には勝てない時もありますよ〜☆

スイーツはおもわず買いたくなっちゃう

見た目のかわいさも大事ですね〜。



コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-30 23:37 | 東京のお散歩
冬瓜のファルシ☆とろ〜りチーズと玄米のカレーリゾット詰め
冬瓜
最近よく見かけますよね。
沖縄では、すごく大量にとれるらしいですが、
私が買ったのは神奈川の三浦産

ここは、スイカの産地でもありますよね。
瓜がよく育つのかな??

冬瓜は見かけは、ズッキーニの大きい版!
というイメージなので、
以前、作った

ズッキーニのファルシ

と同じように、ファルシにしてみました。

冬瓜って、見た目のインパクトがすごい!!
中身だけじゃなくて、あの厚くてきれいな緑色の皮も、お料理に活かしたい。
と思って、
皮をそのまま器にして、リゾットをつめてみました。

c0226225_238288.jpg



材料    2人分
冬瓜(厚さ7〜8センチの輪切りを2つ)
オリーブオイル(大さじ1)
生タイム(5〜6本)飾り用に数本とっておく。
カレー粉(小さじ1)
余った玄米(200グラム)
スープの素(2グラム:小さじ1強)
水(300ml)
塩(小さじ1/2)
チェダーチーズ(30グラム)すりおろす
黒コショウ(少々)
(あれば)ミニトマト(8粒)

作り方
1冬瓜は、輪切りにしたあと、ナイフとスプーンで皮の形に添って
内側に切り込みを入れ、中身をくりぬき、
タネは外す。実だけを乱切りにする。
(カットの形は大きい方が、食感が残ってよいのでおすすめ)
皮の部分は器に使用するので、取っておく。

2お鍋にオリーブオイル、タイムを入れ熱し、冬瓜、カレー粉を加え、
弱火で2分程炒める。
玄米を加えて、さらに油分、色が均一になるようにざっと混ぜる。

水、スープの素を加え蓋をし、弱火でことこと10分程煮込む。
蓋を取り、水気が残っているようだったら、強火にして水気を飛ばす。
塩を加え、味を調える。タイムを取り出す。

冬瓜の皮の型に3を詰め、チーズをのせ、耐熱皿に置き、180度のオーブンで8〜10分程、チーズが溶けたらできあがり。

お皿に盛りつけて、タイムを飾り、黒こしょうをかけてできあがり。

彩りに、ミニトマトがあれば飾ります。

冬瓜と玄米を煮込んでとろとろ〜な食感になります。

玄米でなくても白米の残りでも同じようにできますよ。(これも、試しました。)

玄米は準備や炊くのに時間がかかるので、炊くときは多めに炊くんです。
あまった玄米をリゾットにすることも多いですよ。

冬瓜自体は淡白なので、濃いめの味付けが合いますネ。
カレー味とか、チーズも♪
輪切りじゃなくて、縦に半分に切って、ボート型の器にしても
インパクトあるかもしれないですね〜。

c0226225_2317125.jpg

これが、今回型を切り抜くのに使ったペティナイフです。
小さいので小回りが効き、便利です♪

このナイフは、ロンドンでご近所さんが引っ越して行くとき、
ハウスクリアランスセールで、
ほんの気持ち程度のお代で譲ってもらった物です。

おもちゃみたいだけど、結構切れるんですよね〜。

今、実家には、料理好きな母の持ち物の立派な包丁が何本かあるんですが、

今、私、専用に長く使える包丁を探しているんです。
イギリスに持って行きたいので。

お料理好きなブログ仲間や、いつも見に来てくださる方も、
どんな包丁を使っているのか、気になります。

機会があったら教えてくださいね♪


コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

ランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪

1日1回クリックしていただけたら幸せです。
ありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-29 23:30 | マクロビ・ヨーロッパ風
秋色ソースほくほく栗とかぼちゃの卵なしカルボナーラ
この間買っていた栗。

1回はお菓子に、他にはパスタソースを作りたい。と考えていました。

栗って、クリーム系パスタって感じがします。

栗って
英語では「チェスナッツ」

ナッツという名前の通り、いわゆるアーモンドやくるみと同じあのナッツ類です。

栗は、マクロビにもピッタリな食材だったんです☆

マクロビおなじみのかぼちゃと一緒にソースにしてみました。

c0226225_23384268.jpg


材料    2人分
お好きなパスタ(140グラム)
かぼちゃ(50グラム)薄くスライス後、食べやすく切る。
(トッピングに少々残しておく。)
オリーブオイル(大さじ1)
たまねぎ(1/2個)みじん切り
豆乳(250ml)
スープの素(2グラム程度:小さじ1強)
(*)栗の実(100グラム分)形は不問。トッピングに少々残しておく。
パルミジャーノチーズ(20グラム)すりおろす
塩(小さじ1/2)
黒こしょう(少々)

(*)栗は水から沸騰後30分ゆで、中身をくり出しておく。
(皮付きで150グラムから100グラムの中身がとれる位。)

作り方
1たっぷりのお湯(分量外)に塩小さじ1(分量外)、
パスタとかぼちゃをいれ、パスタの袋に書いてある指定時間よりやや短めにゆで、
ザルにあげ水気を切っておく。

パスタとかぼちゃを一緒にゆでて時間短縮です☆

別のお鍋にオリーブオイルとたまねぎをいれ、弱火で3分程、たまねぎがしんなりするくらい茹でる。

豆乳250ml、スープの素、栗の実、かぼちゃ、パルミジャーノ、塩をいれ、
栗やかぼちゃは軽くつぶしながら良くかき混ぜる。

お皿に盛り、栗とかぼちゃをトッピング。
すりおろしたての黒こしょうを添え、できあがり☆


ソースを作る際、栗は形が残る程度にしておく方がおすすめです。

ごろごろ、食感があった方が味わい深いです♪

ソースの固さは、お好みで豆乳を加えて調節してくださいネ。

デザートにもつかわれる、栗とかぼちゃの黄金コンビのおかげで、
普段の卵黄、生クリームを使用したカルボナーラにひけをとらない、

濃厚なソースになりました。

あれいざ食べるとなると、結構胃に重いんだよね〜。
と思っていて。

私は、豆乳とチーズでつくるチーズソースが好きです☆

そうそう、カルボナーラといえば、黒こしょう。
最近は、簡易ミルがついたホールの黒こしょうが
普通のスーパーでも手に入るので、
食べる食前にこしょう、すってます☆



コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-28 23:58 | マクロビ・イギリス風
モッツァレラを豆腐に替えて♪ズッキーニと茄子のミルフィーユ仕立てカプレーゼ
イギリスから日本にかえって来ていて、こまっているのが、チーズ。

種類は少ないし、値段も大きさの割に高めだと思います。

トマトとモッツァレラのカプレーゼなんか、好きなんだけど、
日本じゃなかなか。

でも、モッツァレラって、お豆腐に似てることに気付きました。
見た目も味も☆

モッツァレラって淡白だし、とろける感じがなくなるだけで、
充分、お豆腐で代用がきく!と思いました。

カプレーゼは通常、食材が横(斜め?)に並んでいますが、
今日は、縦に積み重ねてみました。

ちょっとかっこつけて♪ミルフィーユという名前つけてみました。

ミルフィーユって

ケーキのミルフィーユのイメージ。何層も重ねた感じ。

c0226225_22122619.jpg


こういうカラフルな一皿。大好きです♪

タジン鍋で作りますが、タジン鍋ごとだしてもいいかも☆

材料    2人分
A☆パセリガーリックオイル
(作りやすい量)
オリーブオイル150ml
ニンニク(1片)すりおろし
パセリ(葉の部分だけ、ひとつかみ)
B☆その他の食材
ズッキーニ(1本)縦にうすく(4〜5ミリ程度)スライス
ナス(1本)ズッキーニと同じ薄さにスライス
トマト(1個)上記野菜と同じくらいのうすさにスライス
木綿豆腐(1丁と1/2丁分)(*)
チェダーチーズなどとろけるチーズ(少々)

(*)お豆腐は水きり後、横水平にスライスしてから、それらを4等分にきる。

作り方
1パセリガーリックオイルを作る。
オリーブオイルを50mlほどにんにく共に、弱火で5分熱し、
パセリと残りのオリーブオイルと混ぜ合わせたらできあがり。

タジン鍋にパセリガーリックオイルを大さじ1熱し、
ナス、ズッキーニのスライスを両面、焼き目が少しつくくらい焼いたら、
取り出しておく。

同じタジンを使用します。
油をキッチンペーパーなどでふいたら、
一番下にズッキーニを3枚、お豆腐3枚、トマトを1枚の順にのせる。
さらにその上にナスを、一番下のズッキーニと垂直になるように2枚並べ、
豆腐2枚、トマト1枚と順に重ねる。
更にナス2枚、豆腐1枚、トマト1枚、最後に、ナスをのせ、
チーズをちらす。

水20〜30ml(分量外)をミルフィーユのまわりにまわし入れ、
タジン鍋のふたをし、弱火でチーズが溶ける程度まで蒸したらできあがり。

お皿に崩れないようにうつし、まわりにバジルオイルを添えたらできあがり。

コツはピラミッドのように、下は多く、だんだん上にいくにしたがって
重ねる量を減らしていく事です。
そうするとお皿に移す時、ミルフィーユが崩れにくくなりますよ。

パセリガーリックオイルは、パセリが余っていたので、作ってみました。
パセリって、ちょっと彩りに使いたいな〜と思って買うけど、
余っちゃう事が多いんですよ〜。

パセリ以外にも余ったハーブはオイルに漬けて、香りをうつして、
そのまま炒め用に使用する事が多いです♪


コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

ランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



人気ブログランキングへ

1日1回、クリックしていただけるとうれしいです☆
ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
幸せです♪

ありがとうございます。
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-27 22:43 | マクロビ・ヨーロッパ風
身体ぽかぽか☆ほうれん草とスパイスのココナッツスープ
最近

「サリアさんのスープのレシピが好きです♪」
というコメントをいただきました。

ありがとうございます!

そうだぁ。最近スープ作ってないなぁ。と思いました。

日本、暑かったからなぁ〜。

ここ最近涼しくなって来たので、スープが恋しくなってきました♪

季節の変わり目は、体調も崩しやすいです。

スパイスで体を温めて、風邪も防いじゃいましょう!

c0226225_22574127.jpg



材料は多いですが、ステップは簡単☆

材料    3〜4人分
オリーブオイル(小さじ1)
ほうれん草(1把):250グラム。5センチ程度のざく切りに
オリーブオイル(大さじ1)
にんにく(1片)すりおろし
たまねぎ(1個)みじん切りに
生姜(1片)すりおろし
クミンパウダー(小さじ1)
ターメリックパウダー(小さじ1)
生コリアンダー(ひとつまみ)
チリパウダー(小さじ1/2)
スープストック(水+固形スープの素)500ml
ココナッツミルク(200ml)
塩こしょう(少々)
レモン串切り(人数分)
あればココナッツロング(適量)


作り方
フライパンにオリーブオイル小さじ1をいれ熱する。
ほうれん草の茎の部分からいれ、1分炒め、その後、葉の部分を加えて1分、油が全体に回り、ほうれん草がしんなりするまで炒め、お皿に取り出しておく。

別のお鍋にオリーブオイル、にんにくをいれ弱火で5分熱し、香りを出す。
たまねぎからチリパウダーまでのスパイスをいれ、弱火のまま3分炒める。

2にスープストック、ココナッツミルクをいれ、沸騰させる。

3にほうれん草を加えた物を、ミキサーに1/3うつし、ピューレ状にする。
再度これをお鍋にもどし、塩こしょうで味を調え、
沸騰直前まで温めたらできあがり。

お皿に盛り、お好みで刻みココナッツをのせ、レモンを絞っていただきます。

最後のレモンが決め手です!味が引き締まりますよ。
ココナッツスープとレモンで、ちょっとタイのスープぽい味付けです。

食べた瞬間、体がぽかぽかして、羽織っていた上着を脱いでしまったほど☆
しょうがで、体温、あがりますね〜。

これからの季節、スパイスたっぷりのスープで温まると、エコかも?

コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

ランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪

1日1回、ワンクリックおねがいします。
ありがとうございます。
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-26 19:36 | マクロビ・イギリス風
乳製品バター不使用☆和栗たっぷり♪マロンパンケーキあんこ添え
一気に秋が深まった東京。
秋といえば、ほくほくした栗のおいしい季節♪

今日は初物の栗が手に入ったので、栗のペーストを作りました。

タルトだと型が、難しいもんね。

簡単なパンケーキにして、のせただけです。

パンケーキは、オートミールとお豆腐を使用した、卵なしのものです。

あんこと一緒に、和栗を味わいました。

c0226225_2322831.jpg



手作りペーストなので、ちょっと栗がごろっと残る感じに
仕上がっているのもポイント☆

材料    2人分
A☆栗のペースト
栗(200グラム)
てん菜糖(大さじ2)
豆乳(250ml)
B☆お豆腐パンケーキ
オートミール(50グラム)
小麦粉(100グラム)
重層(5グラム)
メープルシロップ(40ml)
豆乳(170ml)
木綿豆腐(1/2丁)水分を切らない。
市販のこしあん(大さじ1程度)

栗をゆでるところを前の夜に仕込んでおくと、
手間が省けます☆

作り方
1栗は皮ごと、水からお鍋にかけ、沸騰後30分ゆでる。その後、お鍋の水が冷めるまで置いておく。

栗は半分に切り、中身をスプーンでくり出す。
(中身だけで150グラムを使用。残りの栗は飾り用に刻んで取っておく。)
豆乳、てん菜糖と共にマッシャーでつぶしながらお鍋にかけ、
沸騰直前で火を止める。
これを、ミキサーでペーストにする。

パンケーキを作る。
粉類をふるいにかけ、その他のパンケーキの材料と一緒に混ぜる。
ボール内で木べらで混ぜても良いし、フードプロセッサーで滑らかに混ぜても良い。

フライパンにオリーブオイル小さじ1
(分量外)を熱し、お玉2杯分位をいれ、形を整える。
中火で表面にぽつぽつ穴が出来始めたら裏返して、
更に1〜2分焼き色がつくまで焼く。これを枚数分繰り返す。

生地は、更に180度のオーブンで7〜8分焼くと、
中まで完全に火が通って安心。

パンケーキの表面に、2のペーストを塗り、刻んだ栗、あんこを添えてできあがり☆

パンケーキに卵を使わなくても、
お豆腐で、ふっくらになります。
オートミールで食物繊維もたっぷり。
栄養の面でも味もバッチリ☆なパンケーキです☆

香ばしくてモチモチなパンケーキになりました☆

あんこと栗のペーストを一緒にいただくと、
得もいわれぬ幸せ♪

コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪

1日1回、ワンクリックしていただけるとうれしいです。
ありがとうございます。
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-25 23:25 | 卵、乳製品フリー・スイーツ
藤原千鶴さんのルームシューズ展行ってきました☆
今日は、原宿の雑貨屋さん
ZAKKAで開催されていた

藤原千鶴さんのルームシューズ展
に行ってきました。

c0226225_0474221.jpg


藤原千鶴さんは、
伊藤まさこさん
堀井和子さん
が紹介していて知った
ルームシューズの作家さん。

イギリスで、ルームシューズをはく習慣がついて、
最近、
ちゃんとしたルームシューズが欲しいな。
と考えていたところ、

ほんと、昨日のことなんですけど、
藤原さんの名前でネット検索したら、

たまたま25日まで、東京で個展を開かれているというではないですか☆

もう他に行ける日がなかったので、大雨でしたが、今日。
さっそく行ってきました。

オーダーだったので、今日は受け取れなかったのですが、
来週GETできます♪

うれし〜〜。

伊藤さんも堀井さんもパリについての本から、好きになりました。

藤原さんのルームシューズはちょっとナチュラル系なんですが、
(雑誌、LEEやクウネル系でしょうか。)

ちょっとパリっぽい色遣いやPOPさも同居していて、
そこが、気に入りました。

今はめずらしい?
ひとつひとつ、手仕事で作っているという、職人さんの品物です♪

藤原さんの気持ちを感じながら、大事に履こうと思います。


コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



1日1回、クリックしてくださるとほんと〜〜にうれしいです☆
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-24 00:48 | 東京のお散歩
餃子の皮で簡単☆スパイスたっぷりかぼちゃのサモサ
イギリスにいるとき、インド料理屋さんを沢山見ました。

マーケットのお惣菜や売り場でも、インドのスナック風のおかず?

みつけて、買い食いしてました。

パートナーも、
小さい頃から、食べてた物みたい。

なつかしいよ〜。おいしよ。って勧めてくれました。

インドのおつまみは、
野菜をスパイスで味付けした揚げ物が多いような気がします。

そこで!日本でもインドの味を再現。

餃子の皮でかぼちゃのスナック作ってみました☆

c0226225_22252920.jpg


揚げたそばから

ほふっほふっ。サクサク♪食べてもらって、

揚げても揚げても、すぐなくなっちゃいました☆

材料    18個分
かぼちゃ(種をとり400グラム)日本で一般的な1/4カットサイズ
クミンパウダー(小さじ1/4)
シナモンパウダー(小さじ1/4)
チリパウダー(小さじ1/2)
塩(小さじ1/4)
アーモンドスライス(大さじ1)
すりごま(大さじ1)
餃子の皮:直径10センチくらいの丸形(18枚)
揚げ用オリーブオイル(適量)

*かぼちゃは、火が通りやすいようにこまかく切る。
あとでつぶすので、大きさは適当で良い。

作り方
1かぼちゃを蒸し器で、15〜20分くらい蒸し、やわらかくなったら、
餃子の皮以外のその他の材料とよく混ぜ、マッシャーでつぶす。

餃子の皮に、1枚につき1を大さじ1程度のせ、皮の端に水をつけ、口を留める。
そのままでもいいですが、その口を更に細かく端からたたんで、
ねじり模様をつけると、口がしっかり閉じるのでおすすめです。

深いフライパンに、サモサを横にねかせていれた時に、
かぶるくらいの油をいれ、
180度くらいになったら(小麦粉を少し落としてみて、浮き上がってくるくらいになったら)OK。
サモサをいれ、片面1〜2分、(ひっくり返して合計3分くらい)
表面に焼き色が着いたらできあがり。

以前ご紹介した、チャツネをもう一度作り、サモサにつけていただきました☆

ソースがなくても、味はしっかりついているので、ソースはおこのみで。

今日は、ごまをいれたのが、ポイントです☆

かぼちゃ+ゴマがマクロビ風です♪

四角い皮があれば、三角のサモサが作れるのですが、
いつもの丸い餃子の皮で代用すれば、日本でも簡単に
サモサ風スナックつくれますよ☆


コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ



人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-23 22:55 | マクロビ・インド風
根菜いっぱい☆にんじんピューレmeetsポテトサラダ
昨日の盛りつけで使用したニンジンピューレ

を活用して、ポテトに和えてみました☆

にんじんのオレンジがきれいだし、根菜がたっぷりとれます♪

c0226225_23295489.jpg


にんじんのピューレ

簡単でいろいろ使えるのでおすすめですよ☆

にんじんのピューレは作りやすい量をご紹介します。
(昨日のおさらい♪)

材料    2人分
A☆にんじんのピューレ
にんじん(中3本)皮をむいてこまかく切る
水(500ml)
固形スープの素(1個)
塩(小さじ1/2)
B☆ポテトサラダ用
じゃがいも(350グラム)よく洗い、皮付きのまま蒸す
パセリ(ひとつまみ)水洗いし、荒く刻む

作り方
1お鍋に水、にんじん、スープの素をいれ、一度沸騰させたら
弱火に切り替え、蓋をし、20分。
にんじんが柔らかくなるまで煮る。最後に塩を加える。

1をスープごとミキサーかフードプロセッサーにかけ、ピューレにする。

じゃがいもは、皮付きのまま蒸し器で15分蒸し、手で皮をむいて
たべやすい大きさに切る。
取り出すときと皮を抜くときはやけどに注意です。
私は、水の中でにいれて、むいてます。

2のピューレの中から80〜90グラム使用し刻んだパセリをまぜ、
3のじゃがいもに和えたらできあがり。

スープの素で味がついているので、調味料は塩だけでOK。
素材の旨味を感じられるポテトサラダ!できました〜。

今日は、シンプルなきんぴらと一緒に。

根菜満載のワンプレートですね♪

余ったピューレは保存容器に移し、
冷蔵庫に入れ、2、3日で食べきってくださいね☆

コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


特に、レシピブログかにほんブログ村、頑張ってます(笑)
応援おねがいします!

人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪

ありがとうございました♪
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-21 23:40 | マクロビ・和風
マクロビデリ♪お豆腐deグリークサラダ☆自家製バジルオイルで
ギリシャの食材を使った、ギリシャのサラダ。グリークサラダ。
フェタチーズ、オリーブがその代表的な食材。

今日は、フェタチーズのかわりに、見た目も味も似ている、
お豆腐を使用☆

c0226225_0324354.jpg


たっぷりバジルから作ったバジルオイルで味付けしました。

材料    3人分
バジル葉のみ(5〜60グラム程度)
オリーブオイル(50ml)
にんにく(1片)みじんぎり
お豆腐:木綿(1/2丁)よく水切りする 2センチ角程度のダイスカットにする
黄パプリカ1個(種とへたを取り、縦に切る)
ミニトマト(5〜6粒くらい)縦半分にきる
種抜き黒オリーブ(15〜20粒)横半分に切る
塩(ひとつまみ)
ルッコラなどのサラダ菜(適宜)
A☆できれば、にんじんのピューレ
作りやすい量
にんじん(中:3本)皮を剥き、火が通りやすいようにこまかく乱切りに。
水(500ml)
スープのキューブ(1個)
塩(ひとつまみ)

作り方
1バジルはさっと洗い、よ〜〜く水気を取り乾燥させる。
フライパンにオリーブオイルをいれ、中火で温めたら、バジルを投入。
はねるので、すぐ蓋をしてください。30秒くらいでOK。

1をオイルごとフードプロセッサーにいれて、バジルを細かくする。
これをふきん等に包んで、こし、抽出されたものがバジルオイルです。
のこったバジルのこなも使うので、取っておいてください。

2で出来たバジルオイルのうち大さじ1とにんにくみじんぎりをフライパンにいれ、弱火で5分熱する。

3にパプリカをいれ、かるく混ぜ中火で1分程炒める。次にトマト、オリーブ、2でできたバジルの粉をすべて加え、かるく混ぜ合わせるように1分程炒め、
最後にお豆腐を加え、お豆腐を崩さないよう、優しくかき混ぜる。
ルッコラと和えたら、できあがり。

にんじんのピューレを作ります。
お鍋に水、にんじんをいれ、沸騰させる。スープの素を加え、弱火で20分にんじんがやわらなかうなるまで煮、塩で味を調える。

フードプロセッサーかミキサーでピューレ状にしたらできあがり。

お皿にサラダを盛り、
余ったバジルオイルとにんじんのピューレを添えていただきます☆

サラダはそのままでもいいけど、
にんじんのピューレにつけて食べたら、ますます野菜感アップ♪

見た目が鮮やかなサラダができあがりました!!

バジルは香りが命!そして、空気に触れるとすぐ黒くなっちゃう。
余って持て余したら、このようにオイルにしちゃっても♪

香りが移って、素敵な自家製オイルになりました☆

c0226225_2313849.jpg


大きなボールにいれて、大皿のパーティサラダとしても素敵かも。

コメントをくださる方へ、
大変嬉しく思っています☆
はじめての方も、お気軽にコメントしていってくださいね。
承認制です。公開されるのがはずかしいわ☆という方は、
「非公開コメント」にチェックを入れてください。
私だけが読めて、他の方には公開されません(通称:鍵コメ)
お返事はこちらで返しますが、
ブログがある方は、訪問させていただきます☆


個別に、ご連絡がある方はiloveengland☆excite.co.jp
までご連絡下さい。
☆を@にかえてくださいね

ランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、ランキングがあがるようになっています。
ご来訪の記念にクリックしていっていただけるとすご〜くうれしいです。

また、バナーをポチっと押すと、レシピやその他、情報たくさんのポータルサイト

「レシピブログ」や「にほんブログ村」へそれぞれアクセスできます♪



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


特に、レシピブログと、にほんブログ村のベジタリアン料理♪
に投票してくださるとうれしいです☆

人気ブログランキングへ

ブログが気に入っていただけましたら、上記のバナーをクリックしていただけると
大変うれしいです♪
[PR]
Top▲ | by iloveengland | 2010-09-20 23:17 | マクロビ・ヨーロッパ風
| ページトップ |